プライバシー・ポリシー

分水商工会個人情報保護方針

分水商工会(以下「本会」という。)は、本会の事業活動を通じて得た個人情報の保護に努めることを社会的責務と認識し、以下の方針に基づき個人情報の保護に努めます。

1 個人情報の取得について
本会は、適性かつ公正な手段によって、個人情報(氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレス、事業所名、業種、従業員数、資本金、売上高、相談指導情報等)を取得いたします。
2 個人情報の管理について
(1)本会は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理いたします。
(2)本会は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防止するため、不正アクセス、コンピュータウイルス等に対する適正な情報セキュリティ対策を講じます。
(3)本会は、個人情報を持ち出し、外部へ送信等によりこれを漏えいさせません。
3 個人情報の利用について
(1)本会は、個人情報を本会が行なう経営改善普及事業及び地域振興に係る次の業務の遂行上必要な限りにおいて共同実施する商工会、県商工会連合会、全国商工会連合会で共同利用いたします。なお、これら以外の目的で利用する必要がある場合は、あらかじめ本人の承諾を得ることを前提と致します。
①小規模事業者等に対する、経営革新、経営一般、情報化、金融、税務、労働、取引、環境対策、記帳機械化等の相談・指導ならびに講習会等を実施する上での計画、遂行、連絡。
②総会や検定試験等の開催案内等。
③産業祭・物産展等地域振興に係る事業を実施するうえでの計画、遂行、連絡。
④国や県、市町村に向けた中小企業政策提言資料の作成。
⑤その他、商工会法第11条の定める事業に係る業務。
(2)本会は、個人情報を第三者との間で共同利用し、又は、個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合には、当該第三者について厳正な調査を行った上、個人情報の秘密保持及び漏えい等の事故が発生しないよう適正な監督を行ないます。
4 個人情報の第三者提供について
本会は、法令に定める場合を除き、個人情報を、事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供いたしません。
5 個人情報の開示・訂正・利用停止・消去等について
本会は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去等を求める権利を有していることを確認し、これらの要求がある場合には、異議なく速やかに対応いたします。
6 組織・体制
(1)本会は、個人情報保護管理者を任命し、個人情報の適正な管理を実施いたします。
(2)本会は職員等に対し、個人情報の保護及び適正な管理方法についての研修を実施し、日常業務及び退職後における個人情報の適正な取扱を徹底いたします。
7 個人情報保護コンプライアンス・プログラムの策定・実施・維持・改善
本会は、この方針(プライバシーポリシー)を実行するため、個人情報保護コンプライアンス・プログラム(本方針・「個人情報保護規程」及びその他の規定を含む。)を策定し、これを本会職員等その他関係者に周知徹底させて実施し、維持し、継続的に改善いたします。

おいらん道中

4/16(日)開催

第75回分水おいらん道中