補助金・助成金

分水商工会 貯蓄共済健康管理事業助成金

■ 分水商工会 貯蓄共済健康管理事業助成金

ご加入の商工貯蓄共済で健康診断や人間ドックの助成金が受けられます。

 

【提出書類】

①商工貯蓄共済健康管理事業助成金交付申請書 申請書 → 申請書用紙(EXCEL形式)

②受診費用は受診機関からの受領書の写しを添付してください。

 

【内容等】

(対象となる健診)

・燕市で実施する健康診断(国保の場合)や各事業所で行う健康診断(社保の場合)を受診した場合

・分水商工会で実施する集団健康診断を受診した場合

・人間ドックを受診した場合

※ 受診場所及び機関は問いません。

 

(助成内容)

貯蓄共済10年満期タイプ⇒1口加入につき1,000円

5年満期タイプ⇒1口加入につき  500円

① 助成額が受診額を上回ることはありません。

② 受診直前の保有口数を基準とします。

③ 助成は1年度1回を限度とします(当年4月~翌年3月の間)

 

(支払対象者)

当会で加入手続した商工貯蓄共済の加入者(契約者)であれば、ご本人、ご家族、従業員の全てが対象となります。

 

(お支払方法)

健康診断または人間ドックを受診後、裏面の申請書に受領書の控えを添付し、商工会にお申込みください。(FAX可)

 

分水商工会技能取得助成金

■ 分水商工会技能取得助成金

従業員さん等が仕事上、必要な資格を取得した場合助成いたします。

ただし、新規取得に限ります。(更新講習などは対象となりません。)

【提出書類】

①技能取得助成金交付申請書 申請書 → 申請書用紙(WORD形式)

②受講した内容がわかる書類の写し

・カリキュラムなど

③結果がわかる書類の写し

・修了証、合格証書など

④受講料、受験料等の領収書等の写し

・銀行よりの送金明細など

【注意事項】

①新規取得に限ります(資格更新のための受講は対象外とします)

②受講料等の金額が7,000円を超える場合は7,000円(限度額)、7,000円に満たない場合はその金額とします。

②一企業あたり年度内5人(5回)まで(合計3万5千円以内)

③合格(取得)した場合を対象とします。

④申請後、事業に必要な資格・技能かどうかを審査させていただき、結果を通知します

分水商工会人材育成事業補助金

■ 分水商工会人材育成事業補助金

中小企業大学校三条校において研修受講の受講料の補助を行います。

ただし、「燕市中小企業研修受講料補助金」の決定を受けたものに限ります。

【提出書類】

①人材育成事業補助金交付申請書 申請書 → 申請書用紙(WORD形式

②受講した内容がわかる書類の写し

・三条校発行の「受講受入の決定について」

・カリキュラム(時限表)

③結果がわかる書類の写し

・修了証書

④第1号様式「燕市中小企業研修受講料補助金交付申請書」の写し

⑤第2号様式「燕市中小企業研修受講料補助金交付決定通知書」の写し

⑥第6号様式「燕市中小企業研修実績報告書」の写し

⑦第7号様式「燕市中小企業研修受講料補助金請求書」の写し

 

【注意事項】

①燕市の交付決定書に基づいた内容のみ対象となります。

②「受講料の総額」から「燕市補助金受領額」を差し引いた額の1/2が助成金額となります。ただし、1人(1回)あたり35,000円が上限となります。

③一企業あたり年度内5人(5回)まで(合計175,000円以内)

④燕市からの補助金返還命令があった場合は、それに準拠し本助成金の返還を求めます。

おいらん道中

4/16(日)開催

第75回分水おいらん道中