【女性部】シトラスリボンプロジェクト

シトラスリボンプロジェクトとは?】

コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったプロジェクトです。
愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めています。

リボンやロゴで表現する3つの輪は、地域と家庭と職場(もしくは学校)です。
「ただいま」「おかえり」と言いあえるまちなら、安心して検査を受けることができ、ひいては感染拡大を防ぐことにつながります。
また、感染者への差別や偏見が広がることで生まれる弊害も防ぐことができます。
感染者が「出た」「出ない」ということ自体よりも、感染が確認された“その後”に的確な対応ができるかどうかで、その地域のイメージが左右されると、考えます。

コロナ禍のなかに居ても居なくても、みんなが心から暮らしやすいまちを今こそ。 コロナ禍の“その後”も見すえ、暮らしやすい社会をめざしませんか?

(シトラスリボンプロジェクトHPより)
https://citrus-ribbon.com/

 

分水商工会女性部もこの活動に賛同し、シトラスリボンを作成しています。

IMG_0864

見た目もかわいいですよね♪
3IMG_E0859
分水商工会にございますので、ぜひお手にとってご覧ください。

【燕市】新型コロナウイルス感染症に係るアンケート調査

【おいらん道中】
毎年4月の第3日曜日に開催
(R3年度は中止)

【分水まつり】
毎年7月の第2土・日曜日に開催
(R3年度は中止)